ラブホの料金システムは? | SNS映えも!綺麗でサービスのいいラブホテルが過ごしやすい!

MENU

「SNS映えも!綺麗でサービスのいいラブホテルが過ごしやすい!」のイメージ画像

ラブホの料金システムは?

枕の画像

ラブホには料金システムが色々あります。
まず宿泊するのか休憩するのかで変わってきます。
宿泊の場合、チェックインからチェックアウトまでの時間内で利用可能です。
例えばチェックインが夜20時からで、チェックアウトが昼の12時だった場合、最大16時間利用可能ということになります。
休憩で入った場合も、0時を過ぎたら自動的に宿泊に切り替わる場合もあります。
深夜2時にチェックインした場合、昼の12時までだったとしたら10時間利用できるということです。
この時間帯や料金はホテルによってピンキリなので、チェックインの前に確認しておいてください。

そして休憩というものですが、だいたい2時間を目安に時間と料金が決まっているシステムです。
もし夜22時から休憩タイムの利用をしたとしても、深夜0時を過ぎてしまった場合宿泊料金に自動的に切り替わっていることがあるので、注意してください。

サービスタイムといったものも存在し、指定された時間内であれば何時にチェックイン・アウトしてもOKはというものです。
例えば、朝9時〜夕方18時までがサービスタイムだったとします。
朝10時にチェックインして15時にチェックアウトしても(5時間利用)、朝9時にチェックインして夜18時にチェックアウトしても(9時間利用)、同じ料金になるのです。

退室時刻を過ぎると自動的に延長されるので気を付けてください。
だいたい30分単位で延長が加算されます。